中国おすすめ時代劇

在中管理人による本当におすすめできる中国時代劇集

宮鎖心玉 2011年 監督:李慧珠(邦題:宮 パレス)

更新日:

すっかり時間が空いてしまいましたが、まだまだ続きます。
中国にいたころに比べ、やはりキャッチできる情報量は少なくて、その点は少し残念に思いますね。
同僚達から聞く情報が、一番確かで早かったです。

Sponsor Link

さて、今回ご紹介するのは、一時期中国で流行りまくった「時代を超える」モノです。
歴史好きな女の子が、清朝康熙帝の時代にタイムスリップするという、どこかで聞いた話と全く同じネタです。
パクリを通り越して、実にすがすがしいですよね。

ストーリーも、時代を超えた後にあれよあれよと宮仕えの人となり、第4皇子と第8皇子から愛され、どっちを選ぶ!?という何そのリフレイン状態。
決定的に違うのは、「宮廷女官 若曦」が次代の皇帝である第4皇子を選ぶのに対し、このドラマの主人公・晴川は第8皇子を選ぶ点。
それ故に、疑り深い雍正帝は同じでも、他の皇子達の描写が全然違うので、そこは見ていて楽しいところです。

主人公の晴川は、日本風に言うなら「ゆとり」でしょうか。
言動や立ち居振る舞いにイラっとすることが多く、慣れるまでは見ていて不愉快だったりします。
それを通り越して続きが早く見たくなるので、このドラマは脚本家の勝利でしょう。

「宮廷女官 若曦」は後半がダメすぎなドラマでしたが、こちらは最後まで楽しめます。
むしろ結末がビックリですごい。

Sponsor Link

キーマンとなる良妃や、

全然性格の違う第13皇子(図右)など、

描写の違いが興味深いドラマです。
中国制作なので、単に時代検証が適当なだけだとは思いますが。

そんな適当人民が作り上げた雍正帝は、誰が制作しても他人を信用しない「疑い」が服を着て歩いているような皇帝。

賄賂を徹底的に撲滅し、清朝黄金時代の最盛期を作り上げたと言える名君に対して、もっと違う描写があっていいと思うのに、なんでこれは判を押した様に同じ性格なんですかね。

大なり小なりの色々なツッコミを全て受け止めても、最初から最後まで楽しめます。
「宮廷女官 若曦」を見た人には、むしろこちらも見てほしいですね。
あちらのドラマは、前半がラブコメで、後半がシリアス?というブレまくりがみっともないドラマでしたが、こちらは一貫していますよ。

 

▶Amazonの動画レンタル(1話目無料)
宮 パレス

▶DVD版はこちら
宮 パレス DVD-BOX1(6枚組)
宮 パレス DVD-BOX2(6枚組)
宮 パレス DVD-BOX3(5枚組)

Sponsor Link

-
-, , , , , , ,

Copyright© 中国おすすめ時代劇 , 2018 All Rights Reserved.